いーぐるすmemo

楽天イーグルスのこと、感じたままに...。

カープにまたまた快勝かと思いきや、池田が最後にヒヤッとさせてくれた....。

オオタニとキヨミヤが苦労している。
しかし、私自身は今のこの状況をどこかでホッとしている感じもある。さすがメジャー、さすがプロ野球。そんなに簡単に攻略されては夢がなくなるような気がして...。

それとは反対に牧田和久や西巻の活躍は小気味良い。こっちの場合はさすが牧田、いいぞ西巻....となる。なんでだろう。人の気持ちは不思議だ。

.................................................

さて、昨日のオープン戦はカープとの第2戦。

  • E5−4C

結果はご覧の通り。一言で言うと「ナイスゲーム」だった。以下、思ったことをダラダラと書く。

先発の岸はさすがのピッチングを見せてくれた。センターからホームへの強風は、かなり投げづらいマウンドだったはずだけど、それで崩れることはない。2段モーションがすっかり自分のリズムになっている。6回4被安打2失点は安定感十分だ。それでも岸の自己評価は「良くもなく、悪くもなく」だったらしい。やっぱりクール岸だ。

2番手はローテ6番目をほぼ手中にした池田。この人は落ち着いたマウンドさばきが魅力だ。以前の記事にも何度か書いたが「斎藤隆さん」を思わせる安心感がある。
7回からマウンドにあがり、8回までは各4人、無失点で切り抜けたが、9回に試練が待っていた。無死1、2塁のピンチを迎えて、ここでどんなピッチングを見せるかがポイントだった。2アウトまでこぎつけるも、1、3塁で前日にホームランを打った美間をバッターに迎えた。で、ここでタイムリー(1失点)。美間に対しては逃げてはいなかったと思う。
しかし、次のバッターに対しては変化があった。解説の川崎さんも指摘していたが、フォームのアンバラはだれの目にも明らかだった。いわゆるボールを置きにいくようなピッチングになり球に力がない。相手は強豪カープ、そんな気持ちの入っていない棒球を見逃してくれるはずがない。予想どおりの連打で満塁に。
そして次のバッターには最悪の死球・押出しだ(2失点)。次もあぶなかった。痛烈なサードライナー、これはウィーラーが無難にキャッチしてゲームセット。いやあ、あぶなかった。ヒヤッとした。池田らしく、(と言っても、こっちが勝手に思っているイメージに過ぎないが)もっと大胆に投げきってほしかった。意外にも「弱気な面」を覗かせたマウンドになってしまった。ま、これも経験、初の1軍オープン戦だったことを考えれば合格点をあげていいと思う。逆転されずに終えたところに彼の持っている強運を感じた。

攻撃では2回に見せたオコエの走塁が印象に残った。
カープ側からリクエストがかかる際どいホームでのタッチプレーだったが、最初の判定どおりセーフ。オコエが回り込んでスライディングした分、際どいプレーになったと解説の阿部ちゃん。あそこは回り込まずにホームを直接狙っていれば完全なセーフだったとも。ホームでの走塁コーチはバッターになるから、オコエにスライディングの方向を指示すべきだったとこれまた阿部ちゃんが熱く解説。その肝心のバッターが銀次。彼は審判の後ですっかり傍観者だったね。駄目じゃん...w。
それにしてもオコエの足、戦力です。

ゲームとは直接関係ないけど、解説の阿部ちゃんが人気である。解説者・阿部ちゃんへの応援ボードを持った球場の観客が前日に続き今回も映像に映し出されるという珍しい現象。これも阿部ちゃんの人徳、そしてイーグルスファンの人柄だ。
気分を良くした阿部ちゃんは解説も滑らか。内容も分かりやすいし、選手のエピソードもいろいろ披露してくれる。鉄平さん、後藤さんに続く私のお気に入り解説者の一人になったw。

追伸
梨田さんがこのゲームで2回「リクエスト」を使った。予行練習の意味合いとせっかくあるんだからダメ元で使ってみようという思惑の両方があったんだと思う。結果はどっちの判定も覆らず。抗議が長引くよりいいだろうという面もあるとは思うが、味方の得点や出塁が取り消されたらショックは大きいだろうなあ。ゲームの流れに水をさすような気もしてルールとしては良いような悪いような微妙な印象だ。

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村